採用情報

採用情報

カナテック 社員インタビュー

カナテック社員     システムGr

辰巳さん 2020新卒入社。入社3年目
入社当初からシステムGrに所属し、プログラミング中心に各種ソフト開発をメインに行っている

広い知識と経験を得ながら、幅広く多くのことに触れ成長できる環境



新卒でカナテックに入社し、プログラミングをメインに業務に携わっています。 学生時代は大の勉強嫌いで、何かを始めるも途中で飽きて投げ出してしまうタイプの人間でした。そんな私がカナテックに入社しどのような成長をしたのかを簡単にお話ししたいと思います。

プログラミングをメインに業務に携わっていると述べましたが、大学時代はそこまでプログラミングをメインでやっていたわけではありませんでした。 どちらかというと上流工程の要件定義を行ったり、基本設計を行ったりといったことが多かったです。その為、入社当時はオブジェクト指向やデザインパターンなど、実践的なプログラミングの手法については、ほとんど無知だったと思います。 また、学生時代は「Java」でしかコードを書いたことがなかったため、VisualStudioなども触ったことがありませんでした。 (恥ずかしながら学生時代はメモ帳でコーディングしておりました) しかし、他の先輩と比べまだ足りない部分はあるかと思いますが、今では様々な経験を積みプログラミングもそれなりに出来るようになったと思います。

カナテックのシステムGrでの主な使用言語は「C#」です。そのため私が一番得意な言語も「C#」といえると思います。しかし、カナテックはどちらかというとハードを主戦場としています。その関係もあって、必要に応じて様々な言語を扱う必要が出てきます。 実際私が経験した言語としては、入社3年目の時点で「C#」、「Python」、「Java」、「VB6」、「VB.Net」、「JavaScript」と年数から見るとそれなりに多いと思います。 これらに加えて、PLCと呼ばれる機械の制御に使われる制御装置のプログラムを組むこともあります。またテスト環境のために、ハードを簡単にですが触ることもあります。

話は少し変わりますが、皆さんは成長に最も必要なものは何だと考えますでしょうか? 私は圧倒的に経験だと考えています。10時間の勉強よりも1時間実践の方が学びが多いと考えています。つまり経験が積めるというのは、「最高の成長機会である」ということです。

もちろんただ経験をがむしゃらに積めば成長するというものではありません。時には導き教えてもらうことも必要になると思います。 カナテックにはスキルや経験の豊富な上司や先輩方が多くいるので、困ったときには相談に乗っていただいたり教えてもらえますし、そういった点でも最高の環境だと思います。

そのおかげもあって、先ほど挙げたプログラミング言語すべてにおいて一定以上の知識があり、扱うことができる自負があります。 勉強嫌いである私がここまで成長できたのは、偏にカナテックのそういった環境のおかげだと思います。また、飽き性である私にとって、様々なものに触れることが出来るというのも合っていると思います。

私のように、「色々なものに手を出したい」「実践で経験を積んで成長したい」といった人には最高の職場だと思います。 末筆ではございますが、この文章を読んで少しでも共感できる部分があった方にはぜひカナテックで働くという選択肢を考えていただきたいと思います。